ホストの二部について

ホストの二部について

ホストクラブには、二部営業という物がありますが、これには二つの意味があります。
一つ目は、「時間無制限」という意味で使っている物。
ホストクラブは、もともと時間無制限で営業するのが基本でしたが、「風営法」が厳格になったことで、「時間制」で営業する店舗が現れました。
これは一部営業と呼ばれ、19時から午前0時まで営業する店舗です。
それに対して、日の出からお昼頃まで営業する店舗を二部営業と呼んでいます。
二つ目の意味は、一部が終電まで営業するのに対し、朝まで営業するという物で、最近これを導入する店舗が増えています。
その理由は、顧客層の変化です。
以前の顧客は、社長夫人などお金を持っていて時間に余裕のある人が主流でした。
しかし、現在はホステスなど夜の仕事をしている人が主流となってきています。
当然、そういった人達が仕事を終える時間は深夜ですから、遊びに行くのはそれからということになります。
そういった人達に合わせるため、導入されるようになりました。

ホストクラブの三部営業

ホストクラブは、夜に営業しているイメージが強いです。
一部と二部と三部分かれていて、だいたいのホストクラブは1部と2部がメインになります。
一部は夜から夜中にかけての時間帯の営業で、二部は朝方からお昼までの営業になっています。
もともとは、一部の夜だけの営業が多かったのですが、だんだんと二部の、朝からお昼にかけての営業も多くなってきています。
そして三部の営業ですが、お昼から夕方にかけての時間帯になるのですが、この三部の営業をしているホストクラブは、ほとんどないです。
この時間帯の需要が、あまりないからです。
それでも、何軒かは営業しているお店もあり、お昼しか時間のない主婦などでも通うことができます。
ホストクラブ側からすると、一番需要のある時間帯は二部であり、お金をたくさん持っている同業職のキャバ嬢や風俗嬢などが店に訪れるからとされています。
行ってみたいけれど時間が合わない主婦などは、三部の営業をしているお店に行ってみると良いです。

注目サイト

中古コピー機の販売
http://www.oaichiba.com/

Last update:2017/4/10